利用者数No1!のスノーボードHowtoサイト

ノーリーF/S180 B/Sシフティテールタップ

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはノーリーF/S180B/Sシフティテールタップです。

ノーリーF/S180(ヒール抜け)をしながらテールタップするのですが、体のひねりを駆使していて奇妙な動きに見えるのが特徴のグラトリです。
派手さは無いですが、難易度は結構高めです。

<ノーリーF/S180 B/Sシフティ テールタップ>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
F/S180(ヒール抜け)
ノーリーF/S180(ヒール抜け)

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
オーリーテールタップ
ジャンプでのB/Sシフティ



やり方

1)ノーリーF/S180(ヒール抜け)するようにアプローチする




2)ノーリーF/S180(ヒール抜け)するように先行しながらノーリーし始める
3)以降では先行動作ができないので、回転力を少し強めにつけるようしましょう。



3)回転力がついてきたら、左肩を閉じて右肩を後ろに引き、右足を前に出すようにしながら引き続きノーリーしていく
ノーリー中にこのように体をひねるとスノーボードが回って行くため、実際より多くスピンしているように見せられます。




4)ノーリーし終わって、スノーボードが反発してきたらすかさず反対側に体をひねる
スノーボードが反発してきたら、左肩を後ろに引き右手を前に出し、右足を後ろに引いて、3)とは反対に体をひねって行きます。
こうすることで一度回り始めたのが、戻るように見せられます。




5)さらに左肩を引き右手を前に出しながら、右足を後ろ下方向に伸ばしてテールタップする
実際にはすでに90度近く回っているのですが、体をひねってスノーボードを真っ直ぐにしているので、一度回り始めたのに真っ直ぐに戻ってテールタップしているように見えます。




6)スノーボードの反発を利用して飛びながら、左肩を開いていきF/S側にスピンする
5)で出来るだけスノーボードを真っ直ぐにするようにすると、回転力が足りないのでF/S側にスピンするように先行します。
同時に体のひねりを元に戻して行きます。




7)体を逆にひねってスノーボードを着地に合わせる
右肩を引き、左肩を閉じて、右足を前に出しながら体をひねってスノーボードを真っ直ぐにします。
基本的に、F/S180(ヒール抜け)の着地と同じです。




8)体がひねられた状態で着地



9)着地した後に体のひねりを戻す



鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI

taku1

【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk









>スノーボードでグラトリ(応用編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-