スノーボードでグラトリ:SF1 to TP to B1 | スノボーのスー

スイッチF/S180 to テールプレス to B/S180

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはスイッチF/S180toテールプレスtoB/S180です。

スイッチF/S180(HalfCab)からテールプレスにつないで、B/S180するトリックです。

最後の返しがメインスタンスからのB/S180なので、F/S180toノーズプレスtoSWB/S180より簡単だと思います。

<スイッチF/S180 to テールプレス to B/S180>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
HalfCab(ヒール抜け)
テールマニュアル
B/S180

やり方

1)HalfCab(ヒール抜け)と同じようにアプローチ
HalfCab(ヒール抜け)と同じように、少し左に振ってから、ヒールエッジに乗りながら踏み切るために低い姿勢になっていきます。




2)左足に体重を残すようにして、HalfCab(ヒール抜け)
ほんの少しだけ、体を遅らせてHalfCab(ヒール抜け)します。
普通のHalfCab(ヒール抜け)は、スピン軸は真ん中(両足の間の真ん中)になるようにイメージしますが、ここではスピン軸を左足の上に残したままにします。




3)テールプレスするために、右足を自分の下に引き込む
しっかりテールに乗るために、右足より外側(テール)を引き込んでも良いです。




4)すこし後ろを見るような状態で右足だけで着地
エッジが引っかからないように、うっすらとヒールエッジで着地します。
また、ヒールエッジで着地することで、スノーボードが必要以上に回って行ってしまうことを防ぎます。
通常のHalfCab(ヒール抜け)では着地後に回転力を抑えられるように、「150度ぐらい回って、残り30度を体のひねりで合わせ」ますが、ここでは180度近くまでしっかり回って、着地後も回転力を残しておきます。



5)テールプレスしたまま、右肩と右腰を後ろに引いていく
スノーボードは進行方向に向けたまま、右肩と右腰を進行方向に開くように後ろに引いて行きます。
目線は右脇の下から、進行方向を見るように回していきましょう。
同時に、エッジが引っかからないように、うっすらとトゥエッジに乗って行きます。





6)上半身が進行方向とは反対向きになってきたら、右足だけでオーリーしてB/S180する
テールプレスの状態からB/S180をします。
回転力が付いているので、先行動作は軽くで大丈夫です。
ほとんど右足だけでオーリーするので、しっかりと瞬間的に踏み切って高さをだすことを意識しましょう。



7)普通のB/S180以上に腰から飛ぶ
後ろ足に体重が乗っている状態からのB/S180なので、普通のB/S180よりも体が遅れやすいです。
体の遅れをもとにもどすために、普通のB/S180以上に腰を進行方向に飛ばす意識をしましょう。





8)上半身と下半身のひねりを使って着地
普通のB/S180と同じように身体のひねりを使ってスノーボードを着地に合わせます。





鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-