スノーボードでグラトリ:SB1 to TP to F1 | スノボーのスー

スイッチB/S180 to テールプレス to F/S180

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはスイッチB/S180toテールプレスtoF/S180です。

スイッチB/S180からテールプレスにつないで、F/S180するトリックです。

スイッチB/S180からのテールプレスが、ちょっと難しいです。

<[動画]スイッチB/S180 to テールプレス to F/S180>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチB/S180
テールマニュアル
F/S180(ヒール抜け)

やり方

1)スイッチB/S180と同じようにアプローチ
スイッチB/S180と同じように、少し右に振ってから、トゥエッジに乗りながら踏み切るために低い姿勢になっていきます。





2)左足に体重を残すようにして、スイッチB/S180
ほんの少しだけ、体を遅らせてスイッチB/S180します。
普通のスイッチB/S180は、スピン軸は真ん中(両足の間の真ん中)になるようにイメージしますが、ここではスピン軸を左足の上に残したままにします。




3)テールプレスするために、右足を自分の下に引き込む
しっかりテールに乗るために、右足より外側(テール)を引き込んでも良いです。




4)身体をひねってスノーボードを進行方向に真っ直ぐにしながら、右足だけで着地
左肩を前に出し、右肩を後ろに引きながら、左足を背中方向に引いて身体をひねってスノーボードを進行方向に真っ直ぐにして着地します。
エッジが引っかからないように、うっすらとトゥエッジで着地します。
また、トゥエッジで着地することで、スノーボードが必要以上に回って行ってしまうことを防ぎます。



5)テールプレスしたまま、左肩と左腰を進行方向に開いて行く
スノーボードは回らないように進行方向に向けたまま、左肩と左腰を進行方向に開い行きます。
目線は、進行方向を見るように回していきましょう。
同時に、エッジが引っかからないように、うっすらとヒールエッジに乗って行きます。




6)上半身が進行方向を向いてきたら、右足だけでオーリーしてF/S180(ヒール抜け)する
テールプレスの状態からF/S180(ヒール抜け)をします。
回転力が付いているので、先行動作は軽くで大丈夫です。
ほとんど右足だけでオーリーするので、しっかりと瞬間的に踏み切って高さをだすことを意識しましょう。




7)普通のF/S180(ヒール抜け)以上に前に飛ぶ
後ろ足に体重が乗っている状態からのF/S180(ヒール抜け)なので、普通のF/S180(ヒール抜け)よりも体が遅れやすいです。
体の遅れをもとにもどすために、普通のF/S180(ヒール抜け)以上に前に飛ぶ意識をしましょう。




8)上半身と下半身のひねりを使って着地
普通のF/S180(ヒール抜け)と同じように身体のひねりを使ってスノーボードを着地に合わせます。





鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-