スノーボードでグラトリ:F/SNS オポサイトout | スノボーのスー

F/Sノーズスライド オポジットout

スノーボードでのグラトリのやり方(基本編)。
今回のテーマはF/Sノーズスライド オポジットoutです。

F/Sノーズスライドから、反時計回りに270度回ってスイッチで着地するグラトリです。

通常の回転方向から反対方向に回ることをオポジットと言います。
このグラトリの場合は、初め時計回りに回る動きでF/Sノーズスライドして、アウトするときに反時計回りに動くのでオポジットになります。

<F/Sノーズスライド オポジットout>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

雪面が柔らかすぎると、やりずらいです。
進行方向に向かって右側が盛り上がっている地形でやると、F/Sノーズスライド中のテールの浮きを見せやすいです。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
F/Sノーズスライド
F/S180(出来ればトゥ抜け)

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
ノーリー
ノーリーF/S180

やり方

1)軽くヒールエッジにのって左方向に向ける
トゥエッジで踏み切るため、右に向きやすいので、ちょっと左方向に振ります。
トリックのきっかけをつくる意味もあります。



2)軽くトゥエッジにのる



3)軽くオーリーする



4)通常のF/Sノーズスライドと同様に、上半身を反時計回り、下半身を時計回りに回しながら左足を自分の下に引き込む
スノーボードを横にしながら、ノーズに乗っていきます。



5)左足だけで体重を支えて、うっすらとトゥエッジに乗ってスライドさせる
左足のスネでブーツのタンを潰して、トゥエッジにのうっすらと乗ります。



6)スライドさせながら、左肩を後ろに引きながら、右手、右肩を前に押し出す
スノーボードが横になっている量はそのままで、上半身だけを進行方向に向けていきます。
出来るだけ上半身を前に向けておいた方が、オポジットの動きが楽になります。



7)F/S180と同じように先行動作をしながらノーリーする
左肩を開きながら、右肩を前に押し出して先行動作をしながら、トゥエッジでしっかりとノーリーします。
ここで高さを出せないと後が辛いです。





8)踏み切ったらすぐに、右手右肩を後ろに引きながら右足を前に出すようにして反対方向に身体をひねっていく
初めの回転方向とは逆に回る上に、かなり窮屈な体勢からスピンしているためスピン量がかなり足りないので、踏み切ったらすぐに反対方向に身体をひねってスノーボードを着地に合わせていきます。
ただし、あせらずにしっかりと回転力と高さを付けてから身体をひねっていきましょう。






9)着地



ポイント!
6)でしっかりと上半身だけを前に向ける
スノーボードが横になっている量は変わらないですが、上半身の向きを出来るだけ前向きにすることで、オポジットアウトするときにスピンする量を減らすことができます。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-