スノーボードでグラトリ:Cab3テールタップ | スノボーのスー

スイッチF/S360 テールタップ

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはスイッチF/S360テールタップ(Cab3テールタップ)です。

スイッチF/S360している最中にテールをタップするグラトリです。
難易度は結構高いと思います。

<スイッチF/S360テールタップ>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
B/S180
Cab3(ヒール抜け)
テールマニュアル

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
オーリーテールタップ

やり方

1)Cab3(ヒール抜け)と同様に、軽くトゥエッジに乗り、進行方向を少し左方向に向ける



2)ヒールエッジに乗って行きながら踏み切るためにしゃがんでいき、同時に右肩を左方向に向けてタメを作る




3)少し体を後ろに遅らせながら、Cab3(ヒール抜け)の踏み切りをしていく
先行動作は通常のCab3(ヒール抜け)と同じように、目線、両肩、右膝、右腰を使って先行します。
普通のCab3(ヒール抜け)は、スピン軸を真ん中(両足の間の真ん中)になるようにイメージしますが、ここではスピン軸を左足の上に残したままにします。
スピンの軸が後ろ(踏み切り時の左足の上)になるように踏み切ることで、重心を少し遅らせてタップしやすくします。





4)踏み切ったら左膝を引き上げる
右膝は引き上げようとする必要はありません。
左足軸で(体を遅らせて)踏み切っているので、空中でも重心が後ろ寄りにあります。



5)右足伸ばしながらを自分の下に引き込んで、テールタップする
重心は後ろ寄りにあるので、テールを自分の下に持ってくればテールタップになります。





6)すぐに右足を引き上げながら、左肩を引き、右手を前に出し、右足を後ろに引いて体をひねり、スノーボードをランディングに合わせて行く
体が遅れている分を元に戻すように腰から後ろに飛ぶようにします。
体をひねって着地するのはCab3(ヒール抜け)と一緒です。
スノーボードの反発を使おうとすると、プレスになってしまう(一度落ちてしまう)ので、反発はあまり使わないように意識しましょう。






7)膝で衝撃を吸収にながら着地
体がひねられた状態で着地します。




鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-