スノーボード用品のレンタル方法|スノボーのスー

スノーボード用品のレンタル方法

スノーボードをレンタルするときのやり方、注意点などを説明します。

レンタルについて

初めに言っておきますが、ほとんどのレンタル用品はボロボロでかなり古いです。
なので、最近の道具と比べるとかなり使いづらいです。
たまに最新モデルを貸してくれる所もありますが、かなり珍しいケースですので期待しない方がいいでしょう。

で。

レンタルについてですが、スキー場のレンタルは高いです。
スキー場に行く途中にあるレンタル屋さんの方が安いことが多いですが、道具が酷い状態なことも多く、まともに使えないこともあります。
スキー場に着いてから気づいても遅いので、その場でしっかり確認しましょう。

しかし知識がない人が酷い道具の中から使える道具を選ぶのは難しいので、スキー場でレンタルして、ちゃんと使えなかったら交換するつもりでいた方が良いと思います。

レンタル用品を借りる方法

スノーボードとブーツを借りる方法を説明します。
他のアイテムは必要に応じて借りて下さい。

レンタルするには、身分証明書が必要になるので忘れないようにして下さい。

まず、ブーツですがいつも履いているスニーカーと同じかちょっと小さめを選びます。
全体的にぴったりフィットするのが丁度よいです。

スノーボードを借りるには、身長とスタンス(レギュラーとグーフィーのどっち?という意味)を聞かれますので答えて下さい。
身長ではなくて、スノーボードの長さを聞かれた場合は身長から15〜20センチ引いた長さを希望しましょう。

ちなみに、メチャクチャ混む時期はレンタル用品が足りなくなることがあるみたいなので、早めに行くか、予約できる所なら予約しておきましょう。

レンタル用品の確認

ゲレンデに出る前に借りた道具の確認をします。

ブーツのサイズチェック
まず、ブーツを履いて必要以上にきつくないか、緩くないかチェックします。
ブーツの紐は足全体が心地よい圧迫感があるぐらいまでしっかり締めます。

普段の靴の紐ではあり得ないくらい強く締めるので、女の子では辛いかもしれません。
一緒に来たメンバーに経験者の男子がいる場合は、紐を締めてもらっても良いと思います。
もしサイズが合わなかったら、その場で替えてもらいます。

スノーボードのセッティングチェック
ブーツのサイズが合ったら、次はスノーボードのチェックです。
まず、ちゃんと自分の希望どおりの長さ、セッティングかをチェックします。
長さが違っていたり、レギュラーを希望したのにグーフィーのセッティングだったりした場合は交換してもらって下さい。
忙しい所では間違ってしまうこともあるようです。

セッティングの見方は、バインディングの爪先側が左向きならレギュラーのセッティング、右向きならグーフィーのセッティングです。

見てわからない場合は、とりあえずスノーボードを付けてみて下さい。
自分の爪先がどちらかというと左向きならレギュラーセッティング。
どちらかというと右向きならグーフィーセッティングです。

ストラップの長さをチェック
スノーボードが間違いなかったら、足に付けてみます。
わざわざゲレンデに出る必要はありません。
邪魔にならない所で付けてみましょう。

スノーボードの付け方はバインディングの着用方法のページを確認して下さい。
付けてみて、足首側と爪先側のストラップがしっかり締まるか確認します。
届かなかったり、緩い場合はセッティングし直す必要があります。

交換してもらうか、レンタルスタッフに直してもらうのが普通ですが、詳しい友達がいればその友達に直してもらってもよいです。

足の位置のチェック
最後に足の位置を確認します。
両足の幅が狭すぎないか、広すぎないか確認します。
極端に狭かったり、極端に広い場合は肩幅か、肩幅よりちょっと広いぐらいに直してもらいます。
また、足の位置がスノーボードに対して極端にかかと寄りになっていたり爪先寄りになっているときも、大体真ん中にしてもらいます。

ただし、どちらとも大体で良いので、極端におかしいとき以外はそのままでオッケーです。
かなり詳しい友達がいれば、レンタルスタッフに希望を伝えてくれたりセッティング自体を変えてくれると思いますが、自分ではなかなか対応できないことなので、あまり細かくは気にしないようにしてください。

詳しく知りたい場合はバインディングのセッティングのページをみてもらえれば、わかります。









>初めてのスノーボード旅行 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-